とても恐ろしい風評被害

風評被害とは根も葉もない噂から企業や個人の評判が落ちてしまうことをいいます。インターネットの普及により大変便利な時代になりましたが、そのリスクを逆に利用されることもあるのです。大型掲示板やSNSなどに書き込まれた情報は残り続けます。多くの人がパソコンやスマートフォン、タブレットPCなどを持ち歩く今の時代、それらの風評被害は時として大きな被害を生むこともあるのです。もしそのような状況に自分が陥ってしまったらどうすれば良いのでしょう。

今流行の逆SEO対策

風評被害対策としてもっとも有効かつ広く利用されているのが逆SEOと呼ばれるものです。掲示板などのサイトに書き込まれた情報は、WEB上で単語を検索するだけで簡単にヒットしてしまいます。そのようなマイナスイメージの情報をできるだけ検索結果の上位にヒットさせないように、ポジティブな内容のサイトを上昇させるのです。ただし、その場合に嘘の情報や誇張した情報を載せてしまうとさらなる悪循環を生みますので注意が必要です。

風評被害を専門に取り扱う企業も

インターネット問題のひとつ風評被害の対策を専門に執り行っている企業も相談します。紹介した逆SEOはもちろん、検索エンジンに出てくるネガティブワードを非表示にしてくれたり、そのようなネガティブワードが存在しないか常にチェックをしてくれるのです。ネガティブワードをいち早く見つけることで対応がしやすくなりますので、大変便利です。検索結果はもちろん、SNSにも対応しているサービスも多く、場合によってはその効果は絶大です。

現在は、中小企業や個人でもインターネットでホームページを開設しています。しかし、インターネットの世界では、よい評判だけでなく、悪い評判もすぐにひろまるので、風評被害対策が重要になります。